運動不足ではバストアップできない理由

ダイエットには運動が大切だけど、バストアップにも運動が必要なの?

これは、バストアップに励む多くの女性が悩むポイントです。

バストアップも、運動不足では実現できません。その理由を知って、運動不足を解消しましょう。

バストアップのエクササイズは筋トレとは違う!?

運動不足だと美しいボティラインを作れない、というイメージがあります。

バストアップにも同じイメージを持ってしまい、バストアップ=胸の筋トレ、と考えている人も多いのではないでしょうか?

それは実は大きな間違いです。

美しいバストを作り出すためには、激しい運動ではなく、「適度な運動」を行なう必要があります。

ここでは、「バストアップのための運動不足の解消法」をお教えします。

バストアップできる運動不足の解消法

ハードな運動は必要ない

バストアップにハードな運動は必要ありません。

バストアップで重要になるのは、バストへの栄養補給路です。

バストアップのためには、バストを育む女性ホルモンやビタミン、コラーゲン、タンパク質などを届ける必要があります。

そのためには血行をよくしなければいけません。

血行促進のために運動不足を解消する、という意識が大切です。

ゆるめの有酸素運動がバストアップに効果

バストアップのためには、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を行ないましょう。

息切れするような激しい運動はバストの脂肪を燃やしてしまいます。

ジョギングも避けたほうが良いでしょう。

走ってバストを揺らしてしまうと、乳腺やクーパー靭帯にダメージを与えてしまうことにもなります。

大胸筋を鍛えるのは〇、でも鍛えすぎは×

大胸筋はバストを支えています。

大胸筋が弱くなると、バストそのものもハリのない垂れたものとなってしまいます。

しかし、バストの脂肪まで燃やしてしまうような激しい筋トレは厳禁です。

僧帽筋を鍛えて姿勢改善

僧帽筋は肩から背中にかけての筋肉です。

一見バストアップとは関係ないように思えますが、なで肩や猫背といった姿勢の改善には僧帽筋を鍛えることが有効となっています。

姿勢をよくすると、自然と胸を張るような形になり、バストトップの位置が上がります。

結果的にバストアップへとつながるのです。

運動不足を解消できないなら

運動する時間を確保できない、運動したくない、という人は日常生活の中で、なるべく体を動かすように心がけましょう。

人間の体はずっと同じ姿勢を取っていると、血流が悪くなってしまいます。

ほんの少し立ち歩くだけで、運動不足は解消されるのです。

上半身を意識して動かしましょう

上半身は運動不足に陥りやすい傾向があります。

これはバストアップの大敵です。

上半身を使っていないと、身体が上半身に栄養を送らなくなってしまいます。

人間の体は賢い省エネ設計になっているのです。

上半身にも栄養が必要だと判断させるよう、上半身の運動不足解消を心がけましょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP