バストアップに重要な生理周期と女性ホルモンの知識

生理周期とバストアップの意外な関係

バストアップと生理はどちらも女性の悩みの種です。

そして、生理不順に悩んでいる多くの女性がバストアップにも悩んでいます。

実は、バストアップと生理周期は密接に関係しているのです。

生理周期は4段階

生理周期は
(1)月経期→(2)卵胞期→(3)排卵期→(4)黄体期という
4つの段階に分かれています。

女性の体は基本的に、初潮を迎えてから閉経までの間、
(1)から(4)を繰り返しています。

(1)月経期

血液が体外に排出されている状態です。

(2)卵胞期

卵巣内で新しい卵胞が育ちはじめます。

(3)排卵期

卵胞から卵子が飛び出します。

(4)黄体期

卵胞が黄体に変化し、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

バストアップと生理周期の悩みに関わってくる時期は、
(2)の卵胞期と(4)の黄体期です。

卵胞期には女性ホルモンのエストロゲンが分泌されます。

エストロゲンが分泌されると肌質がよくなり、
心もリラックスしやすくなります。

逆に黄体期にはプロゲステロンが分泌されやすい時期です。

プロゲステロンは体温を上昇させる効果を持っていますが、
分泌しすぎるとイライラや肌荒れ、腹痛、頭痛などを引き起こします。

月経前に気持ちが憂鬱になる原因もプロゲステロンです。

ホルモンバランスを意識した食生活

女性ホルモンはバストアップにも大きく影響する要素です。

「生理が重い人はバストアップにも悩んでいる」という説の根拠は、
この「ホルモンバランスの乱れ」にあります。

つまり、生理周期とホルモンバランスを考慮した食生活を
送ることによって、生理とバストアップの悩みを同時に解消できる
可能性があるのです。

ホルモンバランスを意識すべき時期は2つです。

エストロゲンが分泌されやすい卵胞期には、
エストロゲンの分泌をさらに向上させるような食べ物を
摂取していきましょう。

エストロゲンの分泌には大豆食品が有効です。

キャベツにも、エストロゲンの分泌を促す
ボロンという成分が含まれています。

プロゲステロンが分泌されやすい黄体期には、
プロゲステロンの分泌を抑える食べ物を摂取しましょう。

プロゲステロンの過剰分泌を整える食べ物としては、
卵、かぼちゃ、ピーマン、うなぎなどが挙げられます。
ビタミンEを豊富に含む食べ物が効果的です。

逆に、カフェインやスナック菓子、添加物を含む食べ物は
プロゲステロンの分泌を乱す悪い食べ物です。

黄体期には避けておいたほうが良いでしょう。

生理周期を考えた食事を行なえば、
バストアップと生理の悩みを一気に解消することができます。

ホルモンバランスを整えて、お得なW効果を獲得しましょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP