骨盤矯正でバストアップする!?

骨盤の歪みが体に及ぼす影響

骨盤が歪むと姿勢が崩れます。

これがバストアップを妨げる原因となっていることをご存知ですか?

骨盤が歪んでいる人の体は、常に斜めに傾いています。

真っ直ぐに立っているように見えても、片足に重心が掛かっていたり、
無意識のうちに足を組んで楽な姿勢をとってしまっているのです。

この楽な姿勢がバストアップによくありません。

背骨の歪みによる猫背は、バストアップの大敵です。

重心が傾いている場合は、肩や背中の筋肉に左右で発達の違いが出てきます。

そのため、バストも小さくなってしまったり、
左右のバストサイズが別々になってしまうのです。

このような人は、骨盤矯正を行なえば、バストアップしやすい
キレイな姿勢を手に入れることができます。

キレイな姿勢の人は、体の一部分に負担がかからないので、
均等に重力の影響を受けることができるため、全身の血行がよくなります。

血行がよくなれば、バストに栄養や女性ホルモンが届きやすくなり、
代謝もアップします。

このこともバストアップに繋がる大きな要素です。

また、骨盤の中には仙骨と呼ばれる重要な骨があります。

この骨は子宮や卵巣を守っている骨です。

これがずれて内臓を圧迫していた場合、
生理不順やホルモンバランスの乱れを引き起こします。

骨盤矯正はバストアップへの近道

筋肉がつきやすくなる

骨盤矯正を行なうと、全身の筋肉がスムーズに動くようになります。

このことは、大胸筋やクーパー靭帯といった、
バストアップには欠かせない筋肉を上手に鍛えてくれます。

姿勢が良くなる

バストアップするためには、バストを張った姿勢を保つことが大事です。

バストを張って背筋を伸ばした姿勢は、背筋や僧帽筋、大胸筋などを
緩やかに鍛えてくれます。

ジョギングでバストを揺らしてクーパー靭帯を切ってしまう心配もありませんし、
バストの脂肪が運動によって燃焼してしまうことも避けられます。

姿勢がよくなることで、特別な運動をしなくても、バストアップができてしまうのです。

ホルモンバランスが整う

骨盤矯正によって、子宮や卵巣、その他内臓の位置が、
所定の位置へと戻ってくるため、内臓の血流も正常に戻っていきます。

女性ホルモンも全身に行き渡りやすくなるので、
バストアップだけでなく、美肌などのさまざまな美容効果を得ることができるでしょう。

新陳代謝がよくなる

骨盤矯正によってインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝がアップします。

インナーマッスルは、姿勢や体幹バランスなどを保つための筋肉です。

体の内側の筋肉量が増えると代謝がよくなり、老廃物を溜め込まない体になります。

リンパの流れもよくなるため、健やかなバストを育てることができるでしょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP