生理不順とバストの成長の関係

生理不順の症状は個人差がある

生理不順は人によって、さまざまな症状が現れます。

腰やお腹の痛みを伴うものだけが、生理不順ではありません。

月経期が長期間続く、気分が塞ぐ、頭痛や貧血も
生理不順に含まれます。

まずは自分の症状を把握して、
症状に合わせたケアを行なっていくことが大切です。

生理不順が起こる原因

症状や体質によって、原因もさまざまですが、
中でも多く見られる原因はホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れると、生理不順だけでなく
肌荒れやバストのサイズダウンにも繋がる可能性があります。

ホルモンバランスを保つためには、
ストレスのない生活を送ることが第一です。

栄養バランスを考えた食事を行い、
しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

ストレスでない場合は、体型によるホルモンバランスの乱れを
疑ってみましょう。

特に、痩せ型の女性は生理不順に陥りやすいとされています。

無理なダイエットを行なわないよう気をつけてください。

ただし、太りすぎもよくありません。

肥満になると、女性ホルモンの分泌過多となってしまうため、
体の周期が乱されてしまうのです。

排卵が滞り、生理が止まってしまったり、
手足の痺れを感じるほどの鈍痛に悩まされることもあります。

また、30代後半になると妊娠適齢期を過ぎるため、
体型や食生活に関係なく、ホルモンバランスに変化が起こり始めます。

普段よりも強く睡眠や食生活に気をつけてください。

生理不順はバストアップの敵?

バストアップと生理不順は密接に関係しています。

生理不順の人は多くの場合、ホルモンバランスが乱れているため、
バストアップもしにくいのです。

しかし諦める必要はありません。

ホルモンバランスは改善が可能です。

ホルモンバランスを整えれば、バストアップと生理不順を同時に
解消することもできます。

ですから、生理不順がバストアップの敵というよりも、
生理不順とバストアップは同時に克服できる壁と捉えるほうが
正しいでしょう。

ホルモンバランスを整えるためには

まず意識しなければならないポイントは4つです。

ストレスを解消する

ホルモンバランスは自律神経によって分泌が調整されています。

自律神経はストレスの影響を受けやすいため、
ホルモンバランスを整えるためにはストレス解消が必須となります。

睡眠を十分に取る

睡眠不足も自律神経にダメージを与える要因です。

バランスのよい食事

インスタント中心の食生活は厳禁です。

適性体重の維持

太りすぎも痩せすぎもホルモンバランスを乱す要素となります。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP