乳腺を育てて無理なくバストアップする方法

豊胸手術やエステに頼らずに、自身の力でバストアップするには、乳腺を発達させることが不可欠です。そして乳腺を発達させるには、女性ホルモンのバランスを整えることが大事です。女性ホルモンのことを知り、無理なくバストアップする方法を理解しましょう。

バストアップと乳腺の切っても切れない関係

ヒロコ
バストはほとんど脂肪なんですよね。
マリ
そうね。
平均的な女性のバストは、1割が乳腺で、9割は脂肪と言われているわ。
ヒロコ
まわりから脂肪をバストに集めてきてもだめなんですか?
余分な脂肪をバストに移動させます、みたいなのテレビでやってましたけど。
マリ
全く意味ないわね。
そもそも脂肪を簡単に移動させることなんかできないのよ。仮にバスト周りだけ脂肪が増えても、すぐに落ちちゃうでしょうしね。
ヒロコ
よく、ダイエットしたら、お腹じゃなくてバストのお肉から落ちていった、とかいいますもんね。

バストは9割の脂肪と1割の乳腺でできていることは、バストの構造のところでもお話しました。つまり大部分を占める脂肪をしっかりつけることが、バストアップの近道なのですが、ではどうすればバスト周りの脂肪を増やすことができるのでしょう。

単にカロリーの高い食事をして運動しなければ、自然と脂肪はついていくでしょうが、それではバストだけではなく、全身肥満になってしまいます。そんなことは誰も望みませんよね。

怪しいバストアップ法には、背中や脇の脂肪をマッサージでバストに移動させる、というのがよくありますけど、こういうのはまったくのデタラメです。脂肪は細胞レベルでしっかりと定着していますので、マッサージで簡単に移動することはできないんですよ。

実は、バスト周りの脂肪の量は、乳腺量に比例して増えていくことがわかっています。つまり、乳腺が発達すると、それに伴ってバスト周りの脂肪も自然とたくさんつくようになるのです。

反対に、どれだけ脂肪をバストにつけたとしても、乳腺が発達していないとその脂肪は落ちやすく、バストアップの効果は半減することになります。

いかに乳腺量を増やして発達させるか、実はこれこそがバストアップで一番大事なことなんですね

乳腺の発達には女性ホルモンが関係している!

ヒロコ
マリ先輩、乳腺の増やし方を早く教えてください!
マリ
まあ、あせらずに。順番に話していくわね。
そもそも乳腺の役割は、母乳を作ることなのよ。だから母乳を作る必要があると自然に乳腺も発達していくの。
ヒロコ
母乳ということは、妊娠や出産と関係あるということですか?
確かに妊娠した人は胸も大きくなっているけど、妊娠しないといけないとは、かなりハードル高いなあ。…相手もいないのに..(ブツブツ)..。
そうだ、マリさんのバストが大きいのは、妊娠しているからっ!?
マリ
してないわよっ。
ヒロコ
…んなわけないですよね。
マリ
…。
えーと、妊娠・出産と言えば、女性ホルモンが関係しているのはわかるよね。
答えを言ってしまうと、乳腺を増やすポイントは女性ホルモンにあるのよ。特にエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが、乳腺の発達に関係していると言われているの。
ヒロコ
エストロゲン?プロゲステロン?はじめて聞く言葉だよぉー。だんだん難しくなってきたなぁ..。
マリ
中学や高校の保険の授業で習ってるはずなんだけど。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン黄体ホルモンの2種類があります。

卵胞ホルモンは、エストロゲンとも呼ばれ、透明感のある肌や艶やかな髪を作ったり、女性らしいボディラインを作るホルモンです。バストアップという面においては、胸に脂肪や栄養を集めるはたらきがあります。

黄体ホルモンは複数のホルモンの総称ですが、その代表はプロゲステロンです。子宮内膜や子宮筋のはたらきを整えるほか、乳腺の発達をうながします。生理の前に胸が張るのも、プロゲステロンの働きによる効果です。常に分泌されている女性ホルモンではなくて、排卵から月経前に多く分泌されます。妊娠中にも分泌されやすくなります。

ヒロコ
エストロゲンとプロゲステロン、どちらのホルモンがバストアップに役立つんですか?
マリ
どちらのホルモンも深く関係しているのよ。
バストアップという面では、エストロゲンだけが注目されがちなんだけど、プロゲステロンもバストへの影響が大きいホルモンなの。

エストロゲンは、特に乳管を発達させます。乳管とは乳腺で作られた母乳を出すための通路です。しっかりと発達した乳管の周りには、乳管を守るための脂肪がついていきます。また乳腺の増殖にも作用します。

プロゲステロンはエストロゲンと共に乳腺葉の発達に作用しています。エストロゲンによって増えた乳腺葉を、大きく発達させるのがプロゲステロンです。乳腺葉は乳腺の集まりです。乳腺葉が増えて太くなればなるほど、周りにも脂肪がついていき、豊かなバストが作られます。

そしてこの2つのホルモンには、相関作用があるのです。通常は生理周期の中でエストロゲンが増えるとプロゲステロンの分泌が少なくなり、プロゲステロンの分泌が増えるとエストロゲンの分泌は少なくなります。この2つのホルモンが絶妙なバランスを保ちながら女性のからだを正常に保っています。

この2つのホルモンがバランスよく働くようにしてあげれば、胸は自然と大きくなっていきます。このサイトでお伝えしていくバストアップの方法は、言ってみれば、この2つの女性ホルモンをどのようにうまくはたらかせるか、ということにつきるんです。

乳腺を増やす秘訣は、女性ホルモンのコントロールにあり、ということです。

サプリで簡単に女性ホルモンを増やせる?

ヒロコ
わかりました!
では、女性ホルモンが増えればいいんですね!どんどん増やしますよー。
マリ
女性ホルモンは、多ければ多いほどいいというものでもないのよ。女性ホルモンはバランスが大事なの。
女性ホルモンのバランスが崩れると、肌荒れや生理不順がおきやすくなるほか、乳がんや子宮がんの発生リスクも高まると言われているの。
ヒロコ
えー!そうなんですか。
何でもやり過ぎるとだめなんですね。
バストアップのサプリメントがいろいろでてるけど、飲んでもいいですか?
マリ
サプリメントで女性ホルモンを手っ取り早く増えたようにすることはできるけど、若いヒロコにはあまりおすすめできないわね。
ヒロコ
どうしてですか?若い女性向けのサプリもいっぱいでてますよ!
マリ
そういうサプリメントには、体内でエストロゲンと似たはたらきをする成分が入っているのよ。
でも外からそういったものが体内に入ると、ホルモンバランスを崩す原因になりやすいの。

バストアップサプリメントに入っているプエラリア・ミリフィカなどの成分は、体内で女性ホルモンと似たはたらきをするので、そういったサプリをたくさん飲めばいいのではないかと思うかもしれませんね。でもプエラリアには副作用があり、エストロゲンが過剰になると体内のホルモンバランスを崩してしまう原因になる可能性もあります。

そもそもホルモンとは、体の中で絶妙のバランスをとりながら、お互いに分泌量をコントロールしあって、体の調子を整えてくれるものです。一部のホルモンが急に増えてしまうと、そんなバランスは簡単に壊れてしまい、体調を崩したり病気になったり、最悪の場合は発ガンすることもあります。

マリ
特にヒロコぐらいの10代から20代前半の若い女性は、ほうっておいても体内で自然に女性ホルモンが作られて増えていく状態にあるの。
そんな時期は特に外部からの擬似ホルモン物質に過剰反応しやすくて、生理不順になったり、肌荒れ、抜け毛、ニキビになったりと悪影響がでやすいのよ。
ヒロコ
そうなんですか…。
サプリで手っ取り早くホルモン増やそうと思ったけど、生理痛キライなんで、やめときます。

バストアップサプリメントを使用するのであれば、健康面でのリスクがあることを知った上で、用法・用量を守ってください。体に不調を感じたときは、すぐに使用をやめましょう。

バストアップしたいのなら、食事や生活リズムをコントロールすることで、ホルモンバランスを整えながら女性ホルモンを増やしていくことが安全で健康的な方法だと思います。体調を崩すリスクを考えると、かえってそれが一番の近道です。

ヒロコ
自然なカタチで女性ホルモンを増やす方法、はやく教えてほしいな。

ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを増やす方法

マリ
じゃあ、ホルモンバランスを整えながら、女性ホルモンを増やす方法を教えるわ。
ヒロコ
まってましたー!!
マリ
ホルモンのバランスを整える基本は、体をできるだけ正常で健康に保つことです。
ヒロコ
えー!?
そんな簡単なことですか?
マリ
そうよ。
そもそも、ホルモンの役目は体のいろいろな機能を正常に保つことなの。
ヒロコ
ふむふむ。
マリ
どこかが悪くなると、それを正常に戻すために、その機能専門のホルモンが分泌されるというふうにね。
ヒロコ
なるほど。
体の調子がどこか悪くなると、一部のホルモンばかりが増えるということですね。
マリ
ええ。心身ともに健康な状態なら、自然とホルモンバランスは保たれるようになっているのよ。

ヒロコ
「心」もですか?

マリ
そうね。強いストレスが続くことは、ホルモンバランスが崩れる大きな理由の一つよ。
ホルモンは脳からの指示で分泌されるんだけど、ストレスを感じると正しい指示が出されなくなって、ホルモンバランスを崩してしまうのよ。

ヒロコ
そうなんですか。
私は精神的に弱いから胸が小さいんですかねー。
マリ
ヒロコは、精神面では全然大丈夫そうだけど。

10代から20代の若い人は、日々の生活を見直すだけで、女性ホルモンはバランスよく自然に増えていきますよ。
生活習慣で気をつけるポイントをあげていきましょう。

ストレスを持たない、すぐに解消する

ホルモンの一番の大敵はストレスです。ホルモンの分泌は脳の視床下部と呼ばれるところがコントロールしていますが、ストレスが高まると視床下部はホルモン分泌の指示が正しくだせなくなり、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

普段から趣味を楽しんだり、のんびり過ごす時間を意識して持つことが大切です。音楽やアロマ、半身浴などもストレス解消に役立ちますよ。

ヒロコ
脳みそを休めることが一番大事なのね。

十分な睡眠を規則正しくとる

2番めに重要なのは、睡眠の取りかたです。女性ホルモンは寝ているあいだに作られます。そして、毎日同じ時間に寝るようにすると分泌量が増えるようになっているんです。朝は早く起きて陽の光を浴びると、セロトニンの分泌が増えて、ストレス軽減にも役立ちます。早寝早起きが効果的ですね。

また、夜の22時から午前2時のあいだは、女性ホルモンの分泌が一日で一番活発になる時間帯です。この時間帯はなるべく睡眠状態になっているようにしましょう。

寝る前にスマホの画面を見ていると、神経が興奮してしまうので良い睡眠がとれません。床につく前の1時間は、スマホをさわらないようにしましょう。

ヒロコ
寝る前についついスマホさわってる。やめとこー。

からだを温める

体温があがって血行がよくなると、自律神経のバランスがよくなり、女性ホルモンの分泌も盛んになります。常に体を冷やさないように気をつかいましょう。

適度の運動は新陳代謝をあげて血流を良くします。ヨガやストレッチ、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですね。

ヒロコ
冷え性じゃあ、なんとなく胸は大きくならない気がしてたけど、やっぱりねー。

バランス良く食事をとる

バストアップに良い食材というのは、あちこちでよく紹介されてるんですが、一部の食材に偏った食事は、バストだけでなく健康面でも問題があります。ファストフードばかり食べていてはだめ。まずはバランス良い食事をとることが大切です。

食事全体でバランスがとれてきたら、バストアップに効く食材を増やしていってください。

ヒロコ
ハンバーガーとか、バストアップのためには少し控えたほうがいいのかな。

乳腺と女性ホルモンのまとめ

マリ
バストアップは乳腺を上手に増やせば成功します。
乳腺は、ホルモンバランスを整えて正常にはたらくようにすれば自然に増えていきます。
ホルモンがうまくはたらくようにするために、
(1)ストレスを減らす
(2)十分な睡眠をとる
(3)からだを温める
(4)バランス良く食事する、
この4つのことを実践しましょう。
記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP