ブラジャーの正しい付け方

ブラジャーのつけ方一つでバストサイズが変わってくることをご存知ですか?
正しいブラのつけ方は案外知らない人が多いようです。
正しくブラをつけて、バストアップに役立てましょう

ブラジャーの付け方がバストに及ぼす影響

ブラジャーの付け方を間違えている女性は多いです。

一番多い間違った付け方は、前でホックを留めて、ブラジャーをクルッと回して肩ヒモをつけるやり方。

これをやると、どんな高級ブラジャーを着けていても、バストアップ効果を得ることができません。

なぜ、この付け方がバストアップを妨げるのかというと、まず回している時点で肉が引っ張られてしまうからです。真っ直ぐにバストが持ち上がっていないのです。

脂肪は柔らかく、形状を記憶しやすいという特性を持っています。

しかし、斜めに持ち上げた状態では皮の突っ張りが邪魔をして、なかなかバストに肉が留まってくれません。

左右のバストの大きさがバラバラになってしまう、離れた胸になってしまうといった問題も起こりやすくなってしまいます。

ブラジャーはただ単に、バストを隠すためだけにつけているものではありません。バストアップにもつながる、正しいブラジャーの付け方を知っておきましょう。

正しいブラジャーの付け方

(1)肩ヒモを肩にかける

両肩に肩ヒモをかけましょう。ホックは背後で留める、ここが第一のポイントです。

(2)前かがみになってつける

重力を使って、バストが垂直に垂れるように前かがみになりましょう。この状態でブラジャーのワイヤー部分を、バストの輪郭にピタリと合わせます。

合わせた後は脇の下から肉を寄せてきて、カップの中に入れましょう。

(3)ホックを留める

前かがみになったままでホックを留めましょう。

肉を寄せてきているので、少し肌が突っ張っているような感覚があるかもしれませんが、ワイヤーの跡が肌に残るような締め付けでなければ、十分にフィットしているといえます。

バストアップのために脂肪を集めて、バストに定着させる必要があるのです。

ブラジャーを正しく付けることで、集めた脂肪をバストへ留めやすくなります。

(4)脇や背中、お腹から肉を持ってくる

このときもまだ前かがみのままです。カップの中に肉をしまいこみましょう。

特に下半身太りで悩んでいる人は、お尻からも肉を持ってきてください。お尻の肉も皮膚の突っ張りを利用して、上へとリフトアップさせることができます。

もちろん背中やウエストの肉もブラジャーの中に詰め込んでしまいましょう。

(5)ストラップの長さを調節する

体を起こして、ストラップの長さを調節してください。短すぎると姿勢が悪くなってしまいます。

背筋を伸ばした状態で、人差し指が通るくらいのゆとりがあるのが、適切なストラップの長さです。

(6)外出先でバストメイク

トイレに行った時にブラジャーがずれていないか、チェックしましょう。

ズレていたら、ささっと直してください。ストラップの位置も大切です。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP