乳腺を発達させる方法

バストアップと乳腺の関係

バストは9割が脂肪、残りの1割が乳腺でできています。

そのため脂肪をしっかりつけることがバストアップに
つながっていくわけですが、その脂肪量は乳腺量に
比例していると言われています。

バストの周りの乳腺が発達すると、それに伴って、
バストの周りの脂肪も自然と多くつくようになります。

ですから、どれだけ脂肪をつけても乳腺が発達していないと、
バストアップの効果は半減することになります。

いかに乳腺量を増やし発達させるかが、非常に重要なことです。

乳腺を発達させる方法

では、乳腺はどのような方法で発達させることができるのでしょうか。

女性ホルモンには主にエストロゲンとプロゲステロンの
2種類があります。

乳腺を増やすためにはエストロゲンが重要な役割を担う、
とされていますので、このエストロゲンを増やす方法を
まず考えていきます。

ストレスをなくす

女性ホルモンの分泌にストレスは大きな敵になります。

仕事のストレスなど日常生活の中にストレスは、
きってもきれないものとなっており、
ストレスの全くない生活を送るというのは、
不可能に近いと思います。

だから、いかに休日などにストレス解消できるかが、
とても大切なことです。

仕事が終わったあとにリラックスできる方法や、
休日には趣味や好きなことをできるような工夫をして、
ストレスフリーな日を作ると良いでしょう。

睡眠をしっかりとる

ホルモンが活発に分泌される時間帯は、
22時から2時までの間とされていて、
その間の睡眠がとても大切であるとされています。

22時から2時までの睡眠がホルモンの分泌を促進し、
乳腺の発達にもつながっていきます。

この時間帯は、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

マッサージを行う

乳腺マッサージや乳腺の発達に効くツボが存在します。

マッサージやツボを刺激することにより、
乳腺が刺激され、乳腺の発達につながります。

マッサージはお風呂上がりに行うと効果的です。

毎日欠かさず行うことが大切ですので、
お風呂上がりの日課にするとよいでしょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP