ブラジャーの正しい選び方

ブラジャーはバストアップを助けるアイテムです。

サイズが合わないブラジャーをつけていたら、逆効果となってしまうおそれがあります。

自分のバストにぴったりなブラジャーを選ぶためにも、ブラジャーの選び方を知っておきましょう。

ブラジャーの選び方ポイント

しっかりとサイズを計る

ブラジャーのカップは、トップとアンダーの差で決まります。

しかし、トップとアンダーの正しい測り方は意外と知られていません。

バストトップは、バストを下から持ち上げた状態で測りましょう。ブラジャーを着けている時のバストは、自然と持ち上がっています。

ですから、ノーブラで垂れている状態のバストトップを測ると、窮屈なサイズになってしまうのです。

つまり、健康診断の「胸囲」はあてにならないということですね。

ポイントはバージスライン

ブラジャーのワイヤーが入っている部分をバージスラインと呼びます。

バージスラインは、重力や振動でバストの脂肪が逃げやすい部分です。ハミ肉が起こりやすい場所でもあります。

フィットしたブラジャーを選ぶことで、しっかりとバストに脂肪を留めておくことができます。

ブラジャーはつけ心地が第一

近頃、通販でブラジャーを選ぶ人が増えていますが、なるべく下着店で直接購入するようにしましょう。

同じサイズのブラでも、つけ心地はかなり違うモノがあります。店員さんにサイズを測ってもらい、できれば試着もしたほうが良いでしょう。

可愛い、安いだけでブラジャーを選ぶのは大きな間違いです。合わないブラジャーは、バストアップを大きく妨げます。

開いたバストは寄せブラで

脂肪は形状を記憶します。

ブラジャーでしっかり中央に寄せるようにしたら、両サイドに離れていたバストにも谷間ができるようになります。

バストの形を変えるだけで、思いがけず大きくバストアップできることも少なくありません。

ブラジャーを取っても谷間ができるよう、中央に寄せて上げるブラジャーを選ぶようにしましょう。

左右の大きさが違うバストにはパット

左右のバストの大きさが違う人の多くが、ブラジャーの選び方に悩んでいます。合うのが無いからといって、特注品のブラジャーを作るのはお金が掛かりますよね。

そこで、便利なのがパットです。

小さいほうのバストにパットを入れて、サイズを調節しましょう。

ブラジャーの寿命は短い

ブラジャーの寿命は1~2年です。

また、加齢や体型の変化によって、フィットするブラジャーのサイズも変化してきます。

3ヶ月に一度は採寸を行なって、サイズが変化していたら、潔く買い換えましょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP