貧乳を改善してバストアップする方法

貧乳と巨乳、どっちがいいかと聞かれれば、大抵の男性は、貧乳よりは巨乳がいいと答える事でしょう。

 

確かに、巨乳は男性からだけでなく、貧乳の女性からも憧れられます。

 

勿論、巨乳の女性にはそれなりの悩みがあって、大きすぎる自分の胸にコンプレックスを抱いたりなんかもしてるんでしょうけどね。

 

ただ、貧乳の女性が巨乳の女性に憧れられる事はあっても、一般の男性に憧れられる事は余りありません。

 

だから、胸の小さな女性はみんな、バストアップを夢見ます。

 

でも、”貧父はステイタスだ、希少価値だ!”なんていう名言もあるほどで、胸の小さい事は、決して短所でも病気でもなんでもありません。

 

男性だって、口では何だかんだ言っていても、胸の大きさだけで女性を選り好みしている訳ではないでしょう。

 

ただ、やはり貧乳の女性よりも、巨乳の女性の方が目立つのは仕方がないだろうとは思いますけどね。

 

だったら、例え胸が小さくても、人目を引くような魅力ある女性になれるよう、自分磨きに励むというのはどうでしょうね。

 

貧乳を改善するよりも、美肌作りに勤しむ方が、より確実なのではないだろうかと、私は考えます。

 

貧乳は、ある意味、遺伝性もあって、親が貧乳なら、娘も貧乳になると言われています。

 

けれど、今は栄養が行き届いていますから、昔ほど本当の貧乳という人は少ないようです。

 

ただ、全体的に女性の胸が豊かになっている傾向があり、嘗ては標準的だった遺伝子の持ち主が巨乳化して来ました。

 

そのお陰で、昔は標準的だったサイズの胸でも、小さく見えるという背景もあります。

 

因みに、ブラのサイズがAカップ以上であれば、貧乳とは言わないそうですよ。

 

ね、そう思うと、実際には除外される人の方が多いんじゃないですか。

 

故に、貧乳はステイタスであり希少価値、もっと自信を持ってもいいんですよ。

 

人ごとだと思って好き勝手な事ばかり言って・・・、と思われる方もきっと多いでしょうね。

 

だけど、私も昔はAカップで、自分は貧乳だし、もっと豊胸になりたいと思っていたんです。

 

ところが、気が付いてみれば、おなかと一緒に胸も肉付きがすっかりよくなって、今やしっかりDカップですよ。

 

貧乳が治ったのは嬉しいけど、肥満になったのは思い切り問題、喜んでいいのか、悲しんでいいのか、実に複雑な心境です。

 

貧乳の女性の多くは、体の栄養バランスが悪く、ホルモンバランスが悪いために、自ら貧乳体質を作ってしまっているという説があるのを、皆さんはご存じですか。

 

ですから、貧乳を本気で改善したかったら、まずは、バランスのいい食事をきちんとした時間帯に食べる事が何より大切なのです。

 

後、睡眠不足や運動不足、ストレスも大敵、直接胸の大きさとは関係がないように見えますが、実は、女性ホルモンのバランスは、こうした不摂生により、簡単に乱れます。

 

最近の受験戦争などが、成長期の大切な乙女たちに、こうした貧乳の要因を与えかねているという現実もありますよね。

 

でも大丈夫、大人になってからでも、生活スタイルを改善すれば、十分バストアップは期待出来るそうですよ。

 

だからこそ言うんです、貧乳の改善を試みるより、自分磨きを重視してみたらいかがですかってね。

 

まあ、貧乳を改善するためのバストアップに関する情報は、ブログやサイトにも沢山載っていますから、あれこれ試してみられても面白いだろうとも思いますね。