バストアップと水の重要な関係

バストアップに水分補給がとても重要、というと意外でしょうか?
実は、体内の水分が不足すると、バストアップの大きな妨げになってしまいます。
バストアップに効果的な水分補給の方法を知っておきましょう。

水分の不足はこんなに怖い

人間の体の60%が水でできています。

その水分が不足すると血液の濃度が濃くなってドロドロの状態になり、流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、バストアップに必要な栄養分もバストまで行き届かなくなります。

また、老廃物が溜まる事で、リンパの流れもが滞り、代謝も悪くなって、体に様々な不調をきたします。

バストにとっても代謝や血流はとても大切な要素です。

代謝や血流が滞ることが、バストアップの致命的な阻害要因となるのです。

しかし逆に、今まで水分が不足してきた人は、それを改善することで、バストアップに著しく良い状況を作ることになります。

しっかりと水分を摂って全身の血液の流れをよくしていくことがバストアップに大切なことです。

必要な水分量とは?

では一日に必要な水分量とはどのくらいなのでしょうか。

人間が一日に排出する水分の量は、約2.3リットルにもなるといわれています。

皮膚などから発散したり、汗、尿などで排出したりでこれだけの水分が排出されるので、この出て行った分を飲食物から補給する必要があります。

食事で約0.6リットル、食べ物を分解してエネルギーを得る際にさらに0.2リットルの水分を自動的に摂取できると言われていますので、残りの約 1.5リットルを飲料水から摂取していかなければいけません。

この1.5リットルをどのようにして飲んでいくのか。

実は、これを一気に飲んでも効果はありません。

コップ一杯くらいの水を6回から8回くらいに分けて飲むことで効果がると言われています。

例えば朝起きた時に一杯、食事の際に一杯、出かけた先や仕事場で一、二杯、帰ったときに一杯、食事のさいに一杯、寝る前に一杯など、こまめに摂取するようにしましょう。

バストアップに有効な水の種類

飲む水はどのような水でもよいのでしょうか?

確かに水であれば、どのようなものでも血流や代謝が促進されますので、バストアップにひと通りの効果はあるのですが、飲む水の種類によってまた別の効果も得ることができます。

ご存知のように、ミネラルウォーターの種類には「硬水」と「軟水」があります。

結論からいうと体のためには、「硬水」を飲む方が良いと言われています。

硬水と軟水の違いは、ミネラルと総称される「マグネシウム」と「カルシウム」の含有量です。

ミネラルが多いものを硬水・少ないものを軟水と呼びます。

バストアップには「硬水」の中のミネラルが有効なのです。

ミネラルの大事なはたらき

硬水に多く含まれるミネラルには、どんな効果があるのでしょうか。

ミネラルには体液や神経の調節をし、骨や歯を作る働きをするなどとても大切な役目を担っています。

このほかにもビタミンやたんぱく質、炭水化物、脂質などの栄養素を、効率よく摂取できるように助ける役目もあります。

主なミネラルであるカルシウムとマグネシウムのはたらきは、以下のとおりです。

カルシウムの効果

  • 骨や歯を丈夫にする。
  • 血液の凝固を防ぐ。
  • 筋肉を収縮させる。
  • タンパク質の代謝を促進する。
  • 神経の伝達を助ける働きをして、ストレスを解消する。

マグネシウムの効果

  • カルシウムの働きを助けて血液の流れを整える。
  • 栄養素の代謝を促進する。
  • 糖分をエネルギーに変える。
  • 酵素の働きを補う。

なお、ミネラルは水だけでなく、食品からも取ることができます。

カルシウムを多く含む食品

  • 牛乳
  • プロセスチーズ
  • ヨーグルト
  • 干しエビ
  • 水菜

マグネシウムを多く含む食品

  • 大豆
  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • ひじき
  • わかめ
  • こんぶ

玄米ご飯などからも有効なミネラル分が摂取できます。

体にとってもバストにとっても欠かすことのできない水分。

ミネラル分の多い硬水を飲むことで、必要なミネラルも摂取できて一挙両得です。

水分が不足しないように日々、毎時間心がけることが大切ですね。

ただ水分をあまりとりすぎると、むくみの原因になったりもしますので、バランスを考えて摂取するようにしてください。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP