バストアップと大豆イソフラボン

バストアップに有効な食材と言えば、必ず一番にあがるのが「大豆」です。
大豆の効果的な食べ方を知って、バストアップに役立てましょう。

大豆イソフラボンがバストアップに効果あり

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをする成分としてよく知られています。

エストロゲンは加齢とともに減少していきます。

大豆イソフラボンを多く含む大豆食品を食べることで、不足していく女性ホルモンを補い、それが若さや美を保つ手助けになります。

エストロゲンは乳房を発育させ、丸みのある女性らしい体を作る働きも促します。

そこでエストロゲンとよく似た性質の大豆イソフラボンにも、バストアップに効果があるのではないかと考えられています。

バストアップに関する大豆の重要性に目が向けられ、今ではイソフラボンを使ったバストアップ商品も多数発売されています。

大豆イソフラボンを効果的に摂るには?

では、どのように大豆イソフラボンをうまく摂取し、バストアップにつなげていけばいいのでしょうか。

サプリメントを補助的に使うことも考えられますが、サプリメントは安全性に不安がありますので、やはり日々の食事の中で大豆を積極的に摂取していきたいです。

大豆イソフラボンを効率よく摂取できる食品は「豆乳」です。

豆乳は、コンビニやスーパーで簡単に買うことができる身近な食品で、買ってその場でそのまま飲むこともできます。

また、いろいろな料理にも使用することができますが、中でもオススメしたいのは、「豆乳スムージー」です。

作り方は簡単で、豆乳、野菜(小松菜がオススメ)、バナナ、リンゴ、ハチミツを適当量入れるだけです。

フルーツを変えると、違った味も楽しめるので毎日飲んでも飽きることはありません。

イソフラボンだけでなく、ビタミンや酵素も一緒にとることもでき、美肌にも効果があります。

また豆乳の他にも、味噌汁や豆腐にも大豆イソフラボンが含まれますので毎日の食事の中に取り入れていくとよいでしょう。

日本のおばあちゃん達を見てみると、大半の方は胸が大きいです。

日本人は昔から大豆を積極的に日々の食事の中に取り入れ、自然と大豆イソフラボンを摂取してきました。

今の時代に比べて、おばあちゃん達の時代の食卓には、味噌汁や豆腐など、大豆を使った料理がたくさん並びました。

おばあちゃん達が皆、胸が大きいことには、やはり大豆が大きく関係しているのだと思います。

大豆イソフラボンの過剰摂取にはご注意

バストアップに効果がある大豆イソフラボンですが、簡単にとれるからと言って、過剰摂取してしまうと、健康に害を及ぼす可能性があることがわかっています。

食品安全委員会は、大豆イソフラボンの一日の上限値を、70mgから75mgとしています。

大体、一日50mg前後を目安にすることをおすすめします。

下記を目安にしてください。

納豆 1パック(50g) 65.0mg
豆乳 125ml 69.0mg
豆腐 1/2丁(110g) 55.0mg
きな粉 おおさじ1(6g) 15.6mg
みそ おおさじ1(18g) 7.2mg

また、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することも、バストアップだけではなく健康面でも大事なことですので、大豆食品だけに偏らず、いろんな栄養素をバランスよく摂取するように心がけましょう。

バストアップというと、どうしても胸のことばかりに意識がいってしまいますが、それも健康な体があってのことです。

まずはバランスよい食事や、適度な運動、体を冷やさないなど、バストアップしやすい体を作ることも大事なことですね。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP