バストアップと乳腺と女性ホルモン

乳腺はバストアップに重要な器官

バストは脂肪と乳腺によって構成されています。

脂肪をたくさん摂取しても、乳腺を発達させなければ
他の部位が太っていくだけで、バストアップには繋がりません。

では乳腺はどうやって発達させていけば良いのでしょうか?

乳腺は女性ホルモンで発達する

そもそも乳腺はどんな役割を持っているのでしょうか?

胸に脂肪をつけやすくして、女性らしい体つきを作る、
すなわち、バストアップだけが乳腺の役割ではありません。

母乳を分泌することが乳腺のおもな役割です。

母乳は妊娠や出産に深く関わっています。

そして妊娠・出産には女性ホルモンが深く関わっています。

よって乳腺の発達にも女性ホルモンが大きく影響しているのです。

女性ホルモンの種類

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」
という二つの種類があります。

エストロゲン

卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは、
女性らしいボディラインを作るホルモンです。

バストアップ以外にも透明感のある肌質や艶やかな髪を生み出します。

バストアップにおいては、胸に脂肪や栄養を呼び寄せる役割を持っています。

プロゲステロン

黄体ホルモンとも呼ばれるホルモンです。

排卵から月経前に多く分泌されます。

常に分泌されている女性ホルモンではありません。

妊娠中にも分泌されやすくなります。
生理の前に胸が張るのも、プロゲステロンの働きによる効果です。

バストアップはどちらが有効?

エストロゲンとプロゲステロン、どちらの女性ホルモンが
バストアップに繋がるのでしょうか?

答えは「どちらもバストアップに深く関係している」です。

エストロゲンは乳管の発達に作用しています。

乳管は乳腺で作られた母乳を出すための通路です。

しっかりと発達した乳管の周りには、乳管を守るための脂肪がついています。

プロゲステロンはエストロゲンと共に乳腺葉の発達に作用しています。

乳腺葉は乳腺の集まりです。乳腺葉がたくさん集まれば集まるほど、
大きなバストが作られます。

エストロゲンとプロゲステロンでバストアップ

エストロゲンとプロゲステロンはどちらもバストアップに
大きく役立ちます。

また、女性ホルモンの分泌を安定させることによって、

総合的な美容効果を得ることもできるでしょう。

女性ホルモンを分泌させるためには、
ストレスを溜め込まないようにしましょう。

無理なダイエットも、女性ホルモンの分泌を大幅に低下させる原因です。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP