コーヒー好きはバストアップできない!?バストアップとカフェインの関係

バストアップを望む女性は、コーヒーなどに含まれるカフェインを
あまり摂取しないほうがよいとされています。

それはいったいなぜなのでしょうか。

またカフェインを減らす工夫はできるのでしょうか。

バストアップするためにカフェインを避ける理由

バストの9割は脂肪でできています。

そのため脂肪燃焼効果のあるカフェインを摂取してしまうと、
バストの周りの脂肪まで分解されてしまいます。

またカフェインには覚醒作用があり、寝る前などに摂取すると
睡眠の妨げとなって、安眠ができなくなります。

睡眠は自律神経を整えたり、ホルモンのバランスを整えたりと、
バストアップとは深い関わりにあります。

バストアップのためにも睡眠はしっかりとることが大切なので、
寝る前のカフェインの摂取はさけた方が良いでしょう。

またカフェインには、体を冷やす作用もあります。

バストアップに冷えは大敵です。
バストアップを妨げる冷え性

冷え性の方は、特にカフェインを取らないほうが良いでしょう。

カフェインを多く含む食材

カフェインは、特に飲料に多く含まれます。

代表的なものには コーヒー、コーラ、紅茶、緑茶、ウーロン茶 、ココアなどです。

あとチョコレートにも多く含まれています。

カフェインを一日に摂取してよいとされる目安は400gと言われています。

コーヒーや紅茶なら約3杯分くらいとなりますので、
それ以上摂取すると過剰摂取となりますので、注意が必要です。

カフェインを減らす工夫

コーヒーが欠かせない人にとっては、日常生活からカフェインを完全に
抜きにするのはとても苦痛なことです。

完全に抜くのが難しいなら、少しでもカフェインの量を減らすように
工夫しましょう。

ではどういう工夫をすると、カフェインの量を減らすことができるのでしょうか。

単純に量を減らす

まずは一日に飲むコーヒーの量やお茶の量を減らしてみましょう。

コーヒーを4杯以上飲んでいた人は3杯までに抑えるなど、
単純に摂取する量を減らす努力をしてください。

ノンカフェインのコーヒーに切り替える

最近では、ノンカフェインのコーヒーやお茶が売られています。

味や風味に好き嫌いもあるでしょうが、
そうした製品でも満足できる人は、切り替えてみると効果的でしょう

水出しコーヒーやお茶に切り替える

コーヒーやお茶は水出しすると、お湯で煮出したときよりも、
カフェインの量が少なくなります。

風味は落ちますが、お湯でドリップするのではなく、
お茶パックなどにコーヒーやお茶っ葉を入れて、水出ししてみるとよいでしょう

紅茶をハーブティーに切り替える

ハーブティーにはカフェインが含まれません。

紅茶をよく飲む人は、ハーブティーに切り替えてみるとよいでしょう。

適度な運動をする

適度な運動をすることで、カフェインが抜ける、
という研究結果が発表されています。

ウォーキングやランニングなど、適度な運動を心がけると、
体内のカフェイン量を減らすことができます。

汗を出すことも効果がありますので、入浴などでしっかり汗をかき、
カフェインを体内から抜くとよいでしょう。

記事がお役にたてたらシェアしてもらえるとうれしいです!
PAGE TOP